スポンサーリンク

【ITパスポート】勉強時間1ヶ月で合格可能!勉強法とコツを解説

スポンサーリンク
ITパスポート

IT系の国家資格として、比較的受けやすいのがITパスポート試験です。
ITの最低限知っておきたいITの知識を問う資格として、ニーズが高まっています。

文系の方でも、ITパスポートを取得するように会社から言われることもあります。

そんなITパスポート試験ですが、実は勉強時間1ヶ月程度で合格可能です。

ITパスポートはもちろん、基本情報応用情報にも合格している文系の筆者が、ITパスポート試験に1ヶ月で合格するため勉強法コツを紹介していきます。

ITパスポート試験とは

ITパスポート試験とはITの最低限の知識を問う、情報処理機構(IPA)が実施する国家資格です。
ITパスポートは毎月試験が行われ、任意の日に試験を受けることができます。

試験は会場でPCを使って受けるいわゆるCBT方式で、全て選択問題です。
1000点満点で、600点以上取れば合格になります。
試験時間は120分で、小問が100問あります。

出題範囲

出題範囲としては、IT分野ビジネス分野マネジメント分野の3分野です。

IT分野は、コンピュータインターネットセキュリティなどについての基本的な知識が問われます。

ビジネス分野では、マーケティング経営戦略会計など、ビジネスに関わる上では知っておきたい基本的な用語や理論が問われます

マネジメント分野では、実際にITの開発現場での過程、どういったことを考えて開発を行わせるかといったことを問われます。

ITパスポート試験に1ヶ月で受かるための勉強法

①基本は暗記

ITパスポート試験は基本的にテキストを「暗記」することが大切です。
計算問題もありますが、それは過去問などで練習すれば大丈夫です。

あまりITに触れてこなかった方には馴染みのない単語が出てくると思います。その際はインターネットで検索して分かりやすい説明を探せば、結構見つかります。

それでも分からないところは、なんとなく覚えて先に進んでいきましょう

覚えにくい単語などは印をつけたり、リストにして復習しやすいようにしておくといいです。
覚えにくい、分かりにくいものは「何回も繰り返す」ことが大切です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

②過去問で合否が決まる

ITパスポート試験では過去問が大切です。
ある程度暗記できたら、過去問をとにかくやりましょう。

過去問が簡単に演習できるサイトを掲載しておきます。

過去問をやって間違えたところは、テキストに印を入れたり、ノートに書いたりして「すぐ復習できるようにしておく」ようにしましょう。その場では覚えていても、いずれ忘れます。

間違えたところは、①と同様に繰り返すようにしましょう。

最低3回分、できれば5回分はやってください。
目安としては、過去問で7割以上取れるようにしてください。

ITパスポート試験に1ヶ月で受かるためのコツ

①苦手、分かりにくい分野ほど何回もやる

勉強していると、ついつい苦手な分野わかりにくい分野は適当に済ませてしまったり、避けてしまったりしがちです。

ですが、そういった分野である程度得点を取ることができれば、ほぼ受かります。
人間は「楽」してしまいがちですが、心を鬼にしてやってください。

②計算問題は程よく頑張る

計算問題は解ける時と解けない時があると思います。
過去問などでしっかり勉強して、本番で分からない時にはある程度諦めても構いません
ただ、過去問と同じ問題が出た時に落とすのは勿体無いので、1度解いた過去問の復習だけはしておいてください。

③自分に妥協しない

①に近い内容ですが、「この分野はこれくらいでいい」「これは覚えなくていい」と妥協すると危ないです。もちろん満点を取る必要はないですが、安易に取捨選択をしていると、本番で解ける問題が少なくなり、難易度がかえって上がってしまいます。

基本的には全部やった上で6割以上の点数を狙いにいきましょう。

e-ラーニングを利用するのも手

ITパスポートは資格試験の中ではそれほど難しい試験ではありません。よって自分で勉強すれば問題なく合格できます。

しかし、中にはやり方を丁寧に教えてもらいたい方もいるでしょう。
そんな方にはe-ラーニングをおすすめします。

筆者おすすめのオンライン講座【スタディング】

オンライン学習講座のSTUDYing(スタディング)では、スマホパソコンでどこでもITパスポート試験対策ができます。
分かりやすいテキストや動画解説はもちろんですが、問題演習・記述対策も充実しており、スタディングだけで合格できる講座です。

私がスタディングをお勧めする理由は「講座の音声がダウンロードできる」ことです。
電車の中、散歩中、家事をしながらなど、講座の音声を聞きながら勉強することができます

昨日勉強したところを、家事をしながら聞いてみたり、移動中に聞いて復習してみたりすることで、効率よく勉強できるわけです。

講座内での説明も「聞き流す」前提で作られているため、映像がなくてもしっかり勉強できます。

正直、机にずっと向かって勉強をするのはしんどいです。
移動中や他の事をしながら手軽に学んで、楽して合格したい方に是非お勧めです。

まとめ

今回はITパスポート試験に1ヶ月の勉強時間で合格するための勉強法やコツなどを書きました。
集中して取り組めば結果は出るので、ぜひやってみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました