スポンサーリンク

手軽に節約!チープカシオMQ24の電池交換を自分でやってみよう!

スポンサーリンク
Others
チープカシオの電池交換の記事

こんにちは。

2年ほど前に1000円ほどで買ったCASIO Collection MQ24(チープカシオ)の腕時計の電池が切れたため、電池交換しようと思ったのですが、お店で電池交換しようとすると500円~1000円ほどかかるみたいです。

だいご
だいご

1000円の時計の電池交換に数百円かけるのは高くない?

そう思ったケチな私は「これ・・・自分でできないか・・・??」と思い、電池交換をやってみました!!

時計は精密機械なので、素人が電池交換をやると壊れる可能性があります。また、メーカーの保証などを受けられなくなります。

あくまで自己責任でお願いします。

CASIO Collection MQ24は安いので、壊れてもそこまでダメージはないですが、高級時計などでは絶対にやめましょう。

用意したもの

用意したもの
  • CASIO Collection MQ24(チープカシオ) の時計
  • SR626SWの電池(時計用) Amazonで200円ほどで買いました
  • マイナスドライバー 時計をこじ開ける道具 (似たようなものでも代用可能だと思います。)
  • ピンセット 電池を外す際に使います(なくても多分大丈夫だとは思います

電池交換の流れ

裏面カバーを開ける

CASIO Collection MQ24の裏面の金属部分をマイナスドライバを使って開けます。

てこの力を使って少しずつ開けるイメージです。一気に力を加えると危ないので、気を付けてください。

このように、裏面のカバーが外れました。ここから、電池を交換していきます。

電池を外す

白いカバーがあるので、それも外しましょう。すると、このようになると思います。

ここから電池を外すのですが、無理やり外そうとすると壊れます。

電池に留め具のようなものが引っかかっているので、それを少しずらします。(写真の赤い部分です)

留め具をずらすと、力を加えなくても勝手に電池が外れます。

新しい電池と混ざってしまわないよう、外した電池は分かるところに置いておきましょう。

新しい電池を入れる

CASIO Collection MQ24 の電池は SR626SWという種類です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

電池の種類が違うと正常に作動しなかったり、寿命が短くなってしまうので注意してください。

電池は普通に入れれば大丈夫です。入れた後、先ほどの留め具で固定しましょう。

ちなみに、留め具でうまく固定できなくても電池を替えて金属カバーを被せれば、とりあえず動きます。

カバーを被せる

電池が入ったら、白いプラスチックのカバーを装着します。

さらに金属のカバーをはめます。意外とすんなりはまります。

動くかどうかを確認して、時刻を合わせて完成です!!

感想

今回はCASIO Collection MQ24の腕時計の電池交換を自分でしてみました。

時計の電池交換は難しいと思っていましたが、意外と簡単でした。

電池代の200円以外全くかかっていないので、かなり安く抑えられたと思います。

自分で電池交換をできない腕時計も多くあるので、自分でできるのは嬉しいですね。

これから腕時計を買われる方も、もしデザインなどに大きなこだわりがなければ、CASIO Collection MQ24を購入してみてもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました